かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【1巻のあらすじ】告った方が負け!?

かぐや様は告らせたい天才たちの恋愛頭脳戦】1巻のあらすじ

由緒正しい伝統的な名門校秀知院学園では2人の有名な生徒がいます

まずは生徒会副会長の四宮かぐやですが日本の4大財閥のひとつ四宮グループの総帥の長女にしてあらゆる分野で才能を見せる女生徒です

そんな彼女が支える生徒会長の白銀御行常に学園トップの成績でその勉学の才能1本で周囲に認められています

 

この2人は他の生徒からお似合いの仲だと見られており2人もまんざらではありません

しかし2人ともプライドが高く互いに相手に付き合ってあげてもいい思っていたら何事もなく半年が経っていました

その間に2人は如何に相手に告白させるかという思考にシフトしており

そんな時に藤原千花書記が懸賞で当たったけど親に禁止されていて行けない映画のチケットあることを話します

 

白銀はかぐやと一緒に行くことにしようとした藤原が男女2人でその映画を見ると結ばれるというジンクスがあると教えてきました

白銀はそんな噂のある映画に誘うとかぐやに告白しているみたいではないかとショックを受けます

ごまかそうか悩んだ白銀はかぐやに自分と一緒に行きたいかと選択を相手にゆだねることにしました

 

かぐやは断るのもありだがそれだとわざわざ自分が藤原に映画のチケットが当たったことにしたことが無駄になってしまうと考えます

それでかぐやは四宮家一子相伝のスキル純真無垢カマトトもっと情熱的に誘って欲しいと可愛く言いました

 

白銀の精神は乱れ告白は男の役割なのかと思い始めたかぐやはさらに白銀の手を握り追撃します

白銀がそれに撃沈しようとした藤原が恋愛映画が嫌ならとっとり鳥のチケットがあると言い出し2人は混乱しました

脳の糖分が足りなくなり2人でひとつしかないまんじゅうに手を伸ばした藤原がそれを食べてしまいその日の勝者は藤原となります

 

後日生徒会室で手持ち無沙汰な白銀とかぐやは勝った方が紳士的なお願いを聞くという条件でトランプすることにしました

白銀は最初イカサマを疑いますがかぐやがしないと言った以上絶対しないということには信頼がおけます

 

ババ抜きで最初かぐやがジョーカーを持ち白銀は利き手側ではない方から取りますが見事ババを取らされてしまいました

ババ抜きは運ゲーではなく高度な心理戦のゲームです

白銀は1枚だけカードを飛び出させて持つとかぐやは迷いなくそのジョーカーを取り先ほどの白銀と同じように1枚だけ飛び出すように持ちます

白銀はかぐやの考えが分からず悩んだ勝った時の景品である紳士的なお願いとは何かというところに考えが及びました

 

最初からそれは誘導されるようになっているのではないかということに思いいたった時にかぐやは相手に察知されたのではないかと思います

白銀の考えは大筋当たっておりかぐやは映画のチケットを隠しておりそれに相手に誘わせようと考えていました

それはかぐやが彼と映画を行きたいわけではなくかぐやと行きたがっている彼に映画を誘わせるチャンスをあげようというものです

 

白銀が見事勝ったのですがすでにチケットは白銀が見つけてポケットに隠していたためかぐや思った通りには行きません

ですが白銀は考えた映画のチケットをかぐやに1枚渡し互いに勝手に行くことにしました

さて2人は見事一緒に映画を見ることはできるのでしょうか

 

【かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~】1巻の目次

・第1話「映画に誘わせたい」
・第2話「ババ抜きをさせたい」
・第3話「かぐや様はよく知らない」
・第4話「白銀御行は答えたい
・第5話「かぐや様はいただきたい」
・第6話「白銀御行は隠したい
・第7話「藤原ちゃんは出かけたい」
・第8話「かぐや様は当てられたい」
・第9話「かぐや様は歩きたい」
・第10話「生徒会は悪戯したい」

【かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~】1巻を無料で読む方法

⇒【かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~】1巻を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました