カカフカカ【9巻(最新刊)のあらすじ】本行と長谷の気持ちが明らかに!?

【カカフカカ】9巻(最新刊)のあらすじ

本行は亜希のことを本当はどう思っているのか、好きなのか?

ついに核心に迫る質問をした亜希への、本行の答えから始まる第9巻。

 

今まで全くわからなかった本行の本心が、本人の口から語られ、

亜希がさんざんモヤモヤ悩んでいたことに対して、本行側の気持ちがどうだったのかがどんどん明らかになっていきます。

 

今までと違って、自分の気持ちをたくさんしゃべる本行。

好きかどうかはについては曖昧だけど、亜希への執着があることをストレートに口にし、ついには長谷との約束の話にも言及します。

 

付き合ってからのそっけない態度の裏に隠されていた本行の本心と、長谷の裏工作を知った亜希は、

自分に興味がないんだと思っていた本行が、実は全然違うことを考えていたということを知って混乱してしまいます。

 

それでも、本行から逃げて長谷を選んだことを思い返し、もう一度長谷と向き合おうとする亜希は、本行と長谷との約束について、長谷に直接問いただします。

 

なぜ”そういうこと”をしないのかについても言及するが、そんなことしなくても亜希のことが好きという長谷に、

自分との共通点を見つけ、そういうのもありかもしれないという結論に至る亜希。

 

そして長谷との未来のため、亜希はシェアハウスを出て行こうときめて準備を始めます。

しかし長谷と交わした何気ない会話の中で、長谷の頭の中にある亜希のイメージに違和感を覚え始めます。

 

亜希に本当のことを話した本行は、小説の新作が完成したことを長谷に報告。

新作が完成したら添い寝ができるという約束は無効だと牽制する長谷に対して、長谷の許可はいらないと攻撃的な反応をする本行。

 

亜希との添い寝に執着をみせる本行に苛立つ長谷に対し、本行は亜希にストレートに添い寝をお願いし始めます。

本行のことがまだ好きだと自覚しつつも、流されず長谷と歩んでいこうとする亜希だが、長谷の頭の中の亜希像に対する違和感は日に日に大きくなっていきます。

 

それでも長谷と前に進もうと、バイトを探したり、意欲的な日々を過ごし、あかりにもシェアハウスを出て行こうとしていることを伝えます。

 

本行と距離を置くだけでなく、長谷とも一旦離れてからちゃんと向き合おうとしていることを伝える中で、

あかりも長谷に対してなんとなく違和感を感じているということを知る亜希。

 

亜希が感じる違和感はどんどん大きくなり、確信に変わるような言葉が長谷の口から次々と飛び出し、違和感は確信へ変わっていきます。

 

そんな中、他の人とは”そういうこと”をしているのではという疑惑が浮上するような出来事が起こります。

長谷への不信感がどんどん募っていくさなか、本行との距離は縮まる一方。

 

そして偶然にも本行の新作の小説原稿を目にして、小説に出てくるエピソードが、亜希と本行の関係に近いことを知り、ますます揺れ動く亜希の気持ち。

 

追い討ちをかけるように、発生するハプニングにより、さらに距離が縮まってしまう本行と亜希。

2人はどうなってしまうのか!?

【カカフカカ】9巻(最新刊)の目次

・第40話「003」
・第41話「031」
・第42話「065」
・第43話「097」
・第44話「131」

【カカフカカ】9巻(最新刊)を無料で読む方法

⇒【カカフカカ】9巻(最新刊)を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました