僕のヒーローアカデミア【24巻(最新刊)のあらすじ】トガに気月はインタビューできるのか!?

【僕のヒーローアカデミア】24巻(最新刊)のあらすじ

ブローカーのギランが四ツ橋に対して、異能解放軍は2つの過ちを犯したと指摘します。

一つは自分のようなおじさんをヒロイン役にしたことで、これでは誰も楽しくないと言います。

2つ目はヴィラン連合が改人・脳無を投入すれば、この街などひとたまりもないということです。

それに対して四ツ橋は、ヴィラン連合は脳無を繰り出すことはないだろうと応えました。

 

その理由として、ギランより多い3つの訳があると言います。

その一つは、神野以降、脳無の出現は噂の域を出ていないことです。

それまで連合の出陣の際には、必ず脳無が現われていました。

2つ目は、九州に出現した高性能の脳無の存在です。

それは「黒」から排出された白い脳無で、人の手が加わった形跡がありました。

ただし、能力としては常人並みにとどまっていたのです。

四ツ橋が脳無が出現しない理由として、3つ目に挙げたのは荼毘による黒の回収のことでした。

それは「黒」の脳無以外に、まともに動く脳無が無いことを示しています。

 

これらを総合して判断した結果、脳無はオールフォーワンからの支援戦力であり、ヴィラン連合にはもはやその戦力が残っていないというわけです。

脳無のいないヴィラン連合など、恐れるに及ばないと四ツ橋はギランに言い放ちます。

 

その頃街では、異能解放軍とヴィラン連合が死闘を繰り広げていました。

解放軍の潜伏戦士たちは、日ごろから厳しい訓練を積んでいました。

一人一人が高い戦闘能力を持っており、ヴィラン連合は苦戦を強いられます。

 

両者の戦闘の様子を眺めていた気月は、大儀を持たないヴィラン連合が注目されるのは迷惑な話だと言います。

彼はヴィラン連合には興味がないものの、トガだけには興味を抱いていました。

彼女に関してなら、良い記事が書けると大きな期待を寄せています。

 

彼女の身のこなしの素早さと冷徹無比な凶行に、気月は現役の頃の血がうずきます。

すると、気月を取り巻いていた仲間が、トガによって次々に殺害されてしまいました。

気づいた時には彼女の姿はなく、その素早さが捕まらない理由だと気月は実感します。

 

そんな彼をトガが狙っており、直ぐに攻撃を仕掛けました。

しかし、気月の護衛が何とか攻撃を防ぎ、気月の命を救います。

そして、トガが建物に隠れると、気月は異能によって建物内を爆破させるのでした。

 

気月の異能である「地雷」は、触れたモノを起爆装置に変えることができます。

殺傷能力は低いものの、何度でも繰り広げられました。

爆破によってひるんだトガに、解放戦士が襲い掛かります。

彼女は彼らから血を摂取しながら、変身していきました。

 

ただの殺人マシーンではないトガの振る舞いに、見事な生存スキルだと気月は感心しています。

それと同時に、何とかしてトガにインタビューしたいと彼は考えます。

そんな時、彼女が血を吸おうとした戦士が爆発します。

それも気月の仕業であり、彼は起爆装置になるのをいとわぬ戦士がヴィラン連合を追い詰めると、うそぶくのでした。

【僕のヒーローアカデミア】24巻(最新刊)の目次

・No.225「インタビュー・ウッズ・ヴァンパイア」
・No.226「恋の血」
・No.227「眠い」
・No.228「心の怪我」
・No.229「All It Takes is One Bad Day」
・No.230「サッドマンズパレード」
・No.231「道」
・No.232「異能と”個性”」
・No.233「アカルイミライ」
・No.234「壊覚」
・No.235「志村転弧:オリジン」

【僕のヒーローアカデミア】24巻(最新刊)を無料で読む方法

⇒【僕のヒーローアカデミア】24巻(最新刊)を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました