ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【5巻(最新刊)のあらすじ】一真への復讐とは!?

【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】5巻(最新刊)のあらすじ

爽の母親は、精神病院に入院していました。
爽の父親が、彼女の幼少の頃に失踪し、母親は心を病むようになりました。

母親は一人娘の爽を縛るようになり、思春期になった彼女の恋愛も邪魔しました。今の母親にとって、爽は子供のままでした。

母親にとって一番幸せな時で、時間が止まっています。爽は病院を訪れるたびに、そんな母親に話を会わせるのでした。

ただし、彼女は夫の一真には母親のことを内緒にしています。それが彼の不信を招き、彼は瑠衣を自宅に連れ込むようになりました。

一真は爽とは別れないと瑠衣に告げ、瑠衣もそれに納得していました。一方、爽の方もレストランで運命の出会いを果たすことになります。

秋山の下に、妹の瑠衣が会いに来ました。
「お兄ちゃん、元気だった?」と彼女は明るく兄に尋ねます。

兄妹は久しぶりの再会だったので、話が弾みました。そこに秋山の妻である美和子が帰宅します。

美和子は二人の姿を見ると、彼らに気づかれないよう店を出ます。彼女が向かった先は保育園で、息子の蛍太のお迎えのためでした。

美和子は不安を抱きながら、蛍太を抱きしめています。一方、瑠衣が秋山の妹と知り、爽は彼に連絡します。

秋山は瑠衣から、爽の夫・一真との浮気について聞いていました。そして彼は爽に返信して、妹のことで彼女に謝罪しました。

ただし秋山は、瑠衣のことに関しては、そっとしておいてもらいたいと言います。

本当にごめん、瑠衣は俺の大事な妹なんだ」と返信を結んでいます。その返信を見た爽は唖然となり、言葉を失いました。

爽は瑠衣に先手を打たれたと分かりますが、秋山を責めても仕方がありません。そこで彼女は、一つ一つ物事を解決していく決心をします。

手始めに爽は、元同僚の優希と会って和解することにします。優希は上司との不倫が発覚したため、会社を退職していました。

爽は優希との話の中で、瑠衣が8年も前に接触してきたと知ります。爽は瑠衣の意図が分かりませんでしたが、かなり周到な準備していたことは明確です。

次に爽は夫の一真を呼び出し、瑠衣との事情を聞きだします。一真は爽の方も、秋山と何か関係があったのではと勘繰りました。

それに対して彼女は、自分は一真以外の男と寝たことはないと告げるのでした。

一真が爽に初めて謝罪し、二人は瑠衣の情報を共有することになりました。その中で、瑠衣の仲間とされるバイトの寺嶋の話になります。

そのとき一真の顔色が変わり、「その男の名前は?」と妻に尋ねました。爽は過去の記憶を辿りながら、「確か、睦月だったような」と夫に告げます。

すると一真は爽に再び謝りながら、「多分そつは弟だ」と顔が青ざめます。それは、睦月が彼の別れた妻の弟だったからです。

その頃、寺嶋と瑠衣が抱き合っていました。
彼は瑠衣の身体を撫でながら、「あいつも全部失うなんて、ゾクゾクするよ」と言います。

寺嶋も一真への復讐を目論んでおり、瑠衣と手を組んで相手に近づいたわけです。

【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】5巻(最新刊)を無料で読む方法

⇒【ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~】5巻(最新刊)を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました