約束のネバーランド【15巻(最新刊)のあらすじ】鬼を退治する以外の方法とは!?

【約束のネバーランド】15巻(最新刊)のあらすじ

ノーマンは自分を「ウィリアム・ミネルヴァ」と偽名を装っていて数人の部下を従えるようになっていた。
そしてギーラン卿という「鬼」の元へ交渉を持ちかけに行った。

それというのがノーマンと共に手を組み、現・五摂家とそれに仕えるラートリー家の殲滅でした。
元・五摂家のギーラン卿は700年前に何者かの裏切りで五摂家の座を奪われた過去があり、ノーマンはそこに付け込んだ。

更に計画が失敗した暁にはノーマン達が言いなりになるという条件もプラスさせた。
思惑通りギーラン卿は同盟を組見ました。

その後ノーマンは仲間たちに「同盟は嘘だ」と告げ、鬼同士で戦わせ消耗した時に漁夫の利を狙うと伝えた。
ノーマンの本当の狙いは鬼を全滅させる事でした。

しかし、ギーラン卿もまた、ノーマンたちの野望には感づいていた。
そして、戻ってきたノーマンはエマとレイに顔を出す。

エマは昔こそは鬼を殲滅したいと考えていたが、ソンジュやムジカのような人を食べない鬼や子鬼たちの生活が自分たちと変わらない事を目の当たりにして考えが少し変わっていた。
それを聞いたノーマンは「人を食べない鬼」に異常に反応した。

ノーマン曰くソンジュは「邪血の少女」と呼ばれ人を食べなくてもその形質と知性を保てる「超特異個体」だった。
またそれだけでなく、初めは飢餓の村に現れ、自らのごく少量の血を分け与えるだけで他社を「超特異個体」に伝染させる力を持っていた。

生年・出身とも不明の彼女は正しく救世主で周りの伝染した鬼を増やしていった。
そんな時に、当時の王家・五摂家が伝染鬼を捕まえ全滅させた。

王たちからすれば鬼社会の格差を操作するのに「邪魔」であったしソンジュをうまく利用しようと考えていた。
しかし、ノーマンはソンジュ達が今も別の場所で生きていることを知り真っ直ぐな瞳で「探して殺さないと」と発言した。

人の闇に触れたエマは顔が引きつり一気に緊張した空気になる。
エマは「鬼達を殺したくない」と告げノーマンと意見がぶつかる。

ノーマンは優しさだけでは世界は変えられないとこれまでラムダや農園の破壊と様々なことに手を染め「鬼」と交渉ができるまでにのし上がってきたが、その分背負っているものも大きく昔の優しいノーマンではなくなっていた。
エマとレイは鬼を殺す以外の方法を探すために「七つの壁」へ行く事を仲間達に告げた。

そして発動条件を揃え、光と共にエマとレイは消え扉を開くことに成功する。
異次元に飛ばされて見えたのがグレイス=フィールドだった。

2047年11月王都に五摂家全員が集合して「女王レグラヴァリマ」と会議していた。
ラムダや農園の襲撃したことが議題になっており、主犯の根城も目星がついているとの事だった。

「女王レグラヴァリマ」は8日後の義祭までに誅伐するよう指示を出す。
それを察知したノーマンたちは義祭の最中に王・貴族達を殺すと告げた。

そしてエマ達はグレイス=フィールドに足を踏み入れるがそこに摩訶不思議な仕掛けが二人を襲う!?

【約束のネバーランド】15巻(最新刊)の目次

・第125話「嘘吐きの同盟」
・第126話「鼎談」
・第127話「対立」
・第128話「決めた」
・第129話「背負うべきもの」
・第130話「報告」
・第131話「”入口”へようこそ」
・第132話「誅伐」
・第133話「あそぼ」

【約束のネバーランド】15巻(最新刊)を無料で読む方法

⇒【約束のネバーランド】15巻(最新刊)を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました