たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語【3巻のあらすじ】聖剣はどうなる!?

【たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語】3巻のあらすじ

馬車にて、南天の村へ向かうマリーとクロムとロイドは村にあるまったく抜けない岩に刺さった聖剣を抜きに行きます。

そこには王やマリーのさまざまな思惑が絡んでいるのですが、いつもの如くロイドには知らされず慈善事業と聞かされ村へと辿り着きます。

 

今や聖剣の村としてたくさんのイベントをしているようでしたが、ロイドの掃除によりあっさりと抜けます。

ようやく交渉出来るとマリーはクロムへと聖剣の事を丸投げするのでした。

 

聖剣について悩むクロムでしたが更に悩んでいるコリンに捕まります。
自国にて開催される「大陸学生魔術大会」の人選について悩んでいるとの事。

ロイドはルーン文字を使うのでバレると引き抜きなどで危なくなるために選べないのです。
コリンは授業の内容を変更すると叫びながら教室へと走って行きます。

ロイド達は、アザミ国が魔法にはあまり力を入れていないために気を抜いていたところ、気合十分のコリンがやって来ます。
魔法実践の授業をすると大会あるとの本音を覗かせつつ説明した所、ほぼ下心のセレンと真面目なロイドが手を挙げます。

やけに魔法に詳しいけど、乗り気ではないリホとご褒美にドーナツカフェのペア無料券を貰ったロイド、下心のみのセレンと誰が選ばれるのでしょうか?
そしてクロムは大会を盛り上げるため聖剣を大会の副賞に決めるのでした。

チラリと見える黒幕の影とマリーのところに訪れたリホを探すキノン姉妹どのように展開するか楽しみです。

マリーの所へと訪れたキノン姉妹はリホを探しているとの事で探りを入れるも何も知らないと返されます。
そこへ帰宅して来たロイドへ強敵の気配を感じ取った妹のフィロが強烈な打撃を叩き込みます。

案の定微動だにせずハエを叩いたと勘違いをします。
姉のメナの持っていた写真を見てロイドはリホの情報を話してしまいますがごちゃごちゃした隙にマリーは二人を追い出します。

そこへ、村長が現れいつもの如くマリーが酷い目にあいます。

場面は学園の応接室へと変わりコリンとロクジョウ魔術学園の学園長であるロールの話し合いがあり二人は旧友のようです。
目的はリホのようで逃がそうと席を立つコリンでしたが運悪くリホが部屋へと入ります。

リホとロールは知り合いのようで、自分の所へと戻るようにリホへと脅しをかけ立ち去ります。
いろんな人がリホを心配する中、ロイドはマリーに相談して何故かリホをデートに誘うことになります。

強引にリホをデートへと誘い出したロイドはリホが狙われている理由を聞き出します。
ロールの狙いは魔力の溜まったミスリルの義手を使い聖剣を抜く事でした。
ゴミ掃除をしただけと思っているロイドは聖剣を抜いたことを知りません。

ロールの誘いを断り、もめている所に大会の副賞が聖剣だとわかります。
その場でロールが学園長をやめ生徒になり大会に出場すると言い立ち去ります。
それを聞き、リホとセレンが大会へと参加しルールを曲げたロールに対してロイドも出場する事となります。

3人は魔法の勉強をして大会へと望みます。
ロイドは普通の魔法も強烈なため大将へと回されます。

予選を勝ち進みロクジョウ学園との決勝へと進みます。
先鋒は呪いのベルトを使うセレンとキノン姉妹のフィロの対決です。

悪意のないフィロの攻撃に沈黙するベルト、勝敗はどうなるでしょうか?
次鋒は魔法も規格外のロイドと水の魔法を使い相手の呼吸を防ぐメナ。

ロイドはどう戦うのでしょうか?
大会の結果と聖剣はどうなるのでしょうか?

【たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語】3巻の目次

・case10「それは良かれと思った密かな善行が新たな嵐を呼び寄せたような始まりで」
・case11「それは蛇が獲物に狙いを定めたような訪問で」
・case12「それは街中がお菓子の家でいっぱいになったような甘く優しいひとときで」
・case13「それは使えば街一つ滅ぶ最恐の武器を隠し持つような作戦で」
・case14「それは感情なき機械がただひたすらに向かってくるような強さで」
・case15「それは人など潰せるほど重い岩が紙風船扱いされたような試合で」

【たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語】3巻を無料で読む方法

⇒【たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語】3巻を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました