転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~【2巻(最新刊)のあらすじ】黒トカゲが仲間に!?

【転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~】2巻(最新刊)のあらすじ

森の中の洞窟の入り口。

埴輪を作った。種族は厄病子竜

【状態は通常でLv:33/40、攻撃力138、通常のスキル転がるLv5】

リフォームをしていた。

洞窟内部の図はこうだった。

洞窟の壁を削り描いた壁画。

作業や食事に使う器保存できる食材などの数々が置いてある。

はヒトクイバナから採取している。

香辛料はヒペリスから乾燥させていた。

 

毒草などを煮詰めた毒つぼや水瓶。

そこには回収したクレイベアの残骸。

【特性スキル:竜の鱗Lv2、耐性スキル:物理耐性:Lv3、称号スキル:竜王の息子Lv。歩く卵Lv】

完成じゃーいと声を高らかに言う。

 

洞窟の左右の入り口には像の焼き物などもあり、入り口を狭くしているので大きな奴は入ってこれない。

光っている苔が沢山自生をしているのでほんわりと明るいのだ。

 

断面から見ると土を入口より少し土を盛っているので奥の方は雨でぬれないようになっている。

これはどうやって作ったかと言へば、少し自慢に笑い、みんな俺が作ったと腰に手を当てている。

 

どうも、クレイベア、レアな魔法の生物だったと思われる。

クレイベアは錬金術師アルキミアの生み出した魔土獣だ。

土は活動が停止した後も帯びた魔力のおかげが消えないために魔道具のとても良い原材料になる。

そういうことで回収をしてみて土と水を混ぜてから捏ねて焼いてみた。

 

称号スキルの陶芸職人のLvが4になる。

焼成ではベビーブレスのLvが5に上がった。

酸素欠乏の耐性のLvが2に上がった。

 

こんな手になったから上手くできるか苦労したけどなんとかなってしまうものだなと思う。

それにスキルシステムのおかげかなと思う。

 

高笑いをして縄文人を超えた自信があるぜと言う。

訪れた人間たちもこの住まいなら粗暴で邪竜と思うことはないだろう。

 

後ろでキシーっという声が聞こえる。

振り向いてみると、うちまでついてきた、いや居ついてしまったやつがいる。

 

俺が気を失った時に何故が解毒をされていて、目が覚めた時には横にいた。

俺はめちゃくちゃびっくりしたが、なんだがとっても懐かれてしまった。

 

でも所詮竜なんてでっかいトカゲみたいなものだし、こいつと色も似てるし。

それに俺、こいつが崖から落ちるのを助けた恩人だしな。

 

おれをぺろぺろ舐めているが毒はないかとおいおいと思う。

愛情表現かと思うが分からない。

 

昨日の敵は今日の友と言うし、悪い気はしないからいいかと思う。

やめーいとぐいーんと押す俺。

俺の寝相をかいたりもしないだろうからまあいいかと思う。

 

よし、リフォームも一段落したので食料の調達に行くかと言って出かけるが一緒に行くかと言うと、「キシー」と言っている。

 

保存用に干しているお肉を猿の魔物、猩々(しょうじょう)に盗られてしまって悔しい。

こんど猩々にあったら容赦しねえぞ物理的にな。

 

こもっての作業をしていたから、Lvがこのままだからそれも良くない。

熱中してしまうと周囲が見れないのも俺の性質だな。

 

①生き残ること。
②強くなること。
③生活の質の向上だ。

 

この優先の順位を変えないようにするぞ。

そこに種族:マハ-ウルフが現れる。

 

何頭ものマハ-ウルフがやってきていきなり、、、。

どうなってしまうのか。

 

【転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~】2巻(最新刊)の目次

・第6話「003」
・第7話「039」
・第8話「075」
・第9話「119」
・第10話「151」

【転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~】2巻(最新刊)をほぼ無料で読む方法

⇒【転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~】2巻(最新刊)をほぼ無料で読む

タイトルとURLをコピーしました