キングダム【55巻(最新刊)のあらすじ】飛信隊は趙峩龍を討ち取ることができるのか!?

【キングダム】55巻(最新刊)のあらすじ

主人公の信が率いる飛信隊ですが、朱海平原の戦いにおいて、秦右翼の大将となり、

敵となる趙軍の頭脳ともいわれる趙峩龍の首を討ち取るために壮絶な戦いを行うための、決戦の日を迎えています。

 

その中で、攻撃に特化した戦いを行うため、歩兵などの隊については、ある程度、

助かるところだけを支援するように、渕さんと松左はテンに頼まれます。

 

そんな中、今回が初陣となる若手の隊が、敵の包囲となっており、

外から見ると危険な状態ですが、松左はたまらず助けにいく決断をします。

 

松左が援護に来たことで、その窮地をなんとか防ぐことができましたが、

松左はそこで敵に受けた槍により、意識が朦朧とし、もはや一人では立てないほどの状態です。

 

その状態でも、今回の一大決戦の日において、なんとか、趙峩龍を討ち取るために奮闘する信のもとへ、可能な限り近づいて、

最後まで、信が見ていた、大将軍への道となる希望の絵図を見させてほしいと願います。

 

その頃、信は前線で猛威をふるい、何と、趙峩龍の本陣を目前とするところまで到着します。

しかし、そこは趙峩龍の対応能力もあり、本陣を動かすことで、逆に、信たちが趙峩龍を追う背を討ち取る作戦を実行します。

さらに、趙峩龍のなかでも主力の兄弟を呼び、信と対戦させます。

 

信は、敵の主力とも言えるこの2名に非常に苦しめられますが、敵の一人を討ち取ることに成功します。

 

それが、信たちの更なる危機の幕開けとなり、弟を討ち取られた兄が激怒し、

趙峩龍軍の主力を呼び寄せ、信たちを完全に討ち取るように勧めます。

これにより、信たちは非常に苦しい包囲となり、みんなが危機的な状況になります。

 

そこに、姜瘣が助けに来てくれたものは良いものの、

姜瘣は、信と二人で力技で突破しない限りは、この包囲を脱することはできないと想定していたため、ある決断を強いられます。

それは、姜瘣がしんがりとなって、敵を引き寄せるので、そこを攻めて確実に討ち取っていくという作戦です。

 

これにより、敵の包囲は徐々に弱まり、結果として、敵の主力である兵に加え、

主力の兄弟の二人を討ち取ることに成功し、趙峩龍軍との戦いに実質的に勝利した形となります。

だが、趙峩龍はこの状況を改善するために、森の中へ隠れ、再度、本陣を立て直す作戦を行います。

 

その本陣を探すのをナキに任せて療養しているとき、歩兵団の崇原の遣いが来ます。

そして、信だけ後方の歩兵団のところへ来てほしいという崇原の伝言を聞きます。

 

それに何かを感じた信は急いで歩兵団のところへ向かうと、亡くなる寸前の松左の姿があり、

最後は松左を握りしめ、手の中で息を引き取りました。

 

信は、趙峩龍の本陣が見つかったという知らせを受け、前方へ戻り、趙峩龍へ襲いかかります。

 

趙峩龍との対戦となりましたが、武力に驚くシーンもありました。

しかし、信の武力が上をいっており、趙峩龍を見事に討ち取ることに成功し、

秦右翼の実質的な勝利をつかむことに成功しました。

 

【キングダム】55巻(最新刊)の目次

・第592話「死に場所」
・第593話「趙峩龍本陣」
・第594話「楔」
・第595話「最高の隊」
・第596話「趙峩龍を討て」
・第597話「武運を」
・第598話「紡ぐ者」
・第599話「右翼の風向き」
・第600話「十四日目の夜」
・第601話「決着の日」
・第602話「李牧の陣形」

【キングダム】55巻(最新刊)を無料で読む方法

⇒【キングダム】55巻(最新刊)を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました