Coffee&Vanilla(コーヒー&バニラ)【13巻(最新刊)のあらすじ】リサは深見の父親に認められることができるのか!?

【Coffee&Vanilla(コーヒー&バニラ)】13巻(最新刊)のあらすじ

深見の父親は、リサたちを前に威圧感を漂わせています。

その表情から、彼女に対する優しさは感じられません。

 

リサが挨拶の言葉を言いかけると、父親は彼女の言葉を遮りました。

父親はリサに関して調べており、彼女が深見の財産目当てに近づいたと疑っていました。

 

彼女は父親の誤解を解こうとしますが、深見が彼女の手を握って制します。

深見としては、今更、父親を納得できるとは思っていませんでした。

 

何より彼は、自分の愛する女性を侮辱するのは許さないと告げます。

すると父親は、深見の昔と変わらない姿を見て、リサに対して謝罪しました。

 

それから父親は、リサと二人だけで話がしたいと言います。

それに対して深見は、ろくな話をしないとして、父親の要求を突っぱねました。

ただしリサは、父親に認めてもらいたかったので、申し出を受け入れました。

 

深見が渋々席を外すと、リサと父親の二人だけになります。

父親はコーヒーカップに、コーヒーを注ぎました。

父親は昔からコーヒーが好きで、一時は飲み過ぎのため胃を悪くしたと話します。

 

その頃に深見はプロジェクトを成功に導き、父親は彼の経営者の腕を認めました。

父親はリサに、深見HDを託された宏斗をお遊びに巻き込まないでくれと言います。

 

リサが「お遊び」ではないと否定しかけると、父親は彼女の前に小切手を差し出しました。

父親は手切れ金として、好きな金額を書くように言います。

 

そして、そのまま彼は部屋を出ていきました。

父親と入れ替わるように深見が飛び込んできます。

 

彼は、小切手の前で茫然となったリサを抱きしめました。

そして、二人は実家を後にするのでした。

 

実家から戻ってから、リサに元気がありません。

彼女を心配した深見は、元気づけようとアイスクリームを買って帰宅しました。

 

リサは深見の心遣いに感謝するものの、未だ気持ちの整理が出来ていないと言います。

そんな彼女に、深見はアイスを食べさせました。

 

そして彼は、今度は自分が口を開けて待っています。

普段では決して見せいない彼の態度に、リサは少し心が和みました。

 

それから彼の口元に、何度もアイスを運びます。

深見は口の中が冷え切ってしまい、途中で待ったをかけました。

リサは無我夢中で行っていたので、そこで我に返りました。

そして少しやり過ぎたと、リサは笑いながら謝ります。

深見はそれを見て、安堵するのでした。

 

自分を大事にしてくれる深見に対し、リサは思いのたけをぶつけます。

やはり彼の父親に誤解されたままなのは辛いと彼女は言います。

 

確かに自分は大学生だし、父親に遊びだと疑われても仕方がないとリサは深見に抱きつきました。

リサは深見を抱き締めながら、自分は認められるのを諦めないと続けました。

 

何よりも深見が、自分のことを愛してくれている。

だから、自分も全力で彼を愛するのだとリサは告げます。

 

その言葉は深見の心に深く刺さりました。

強くて綺麗なリサに対して、深見はズルいと言ってキスするのでした。

 

【Coffee&Vanilla(コーヒー&バニラ)】13巻の目次

・50杯目「ファザー&リジェクト」
・51杯目「チャンス&トラブル」
・52杯目「ウォーリー&ケア」
・53杯目「アシスト&トリート」
・ドラマ撮影現場レポ

【Coffee&Vanilla(コーヒー&バニラ)】13巻(最新刊)を無料で読む方法

⇒【Coffee&Vanilla(コーヒー&バニラ)】13巻(最新刊)を無料で読む

タイトルとURLをコピーしました