デスラバ【6巻(最新刊)のあらすじ】絢美の過去とは!?

【デスラバ】6巻(最新刊)のあらすじ

男女のチームに分かれての騎馬戦は、チャレンジタイムに突入します。

チャレンジタイムとは、鉢巻を取られても一分間は騎馬が動けるルールです。

その間は、騎馬が崩れても構いませんでした。

 

男性チームは一度は鉢巻を奪われましたが、チャレンジタイムによって息を吹き返します。

一方、女性チームは鉢巻を取られないよう、必死でガードしました。

ただし、鎌田は鉢巻には興味がなく、女性チームのブラを狙いに行きます。

 

絢美は鉢巻に気を取られていたので、ブラを取られてしまいます。

そのため騎馬が崩れてしまい、さやかからデュエルタイムが発動されました。

これは相手のパンツを奪い合うもので、最早騎馬戦の程をなさなくなります。

 

デュエルタイムが発動されたものの、男性チームは相変わらず女性チームのブラを狙っています。

ブラを取っても勝敗には関係ありませんが、男性チームには作戦がありました。

それはブラを取ってしまえば、胸を隠すために女性の両手がふさがるからです。

その隙にパンツを奪うという作戦でした。

 

そして、まんまと絢美のブラを取ることに成功します。

一方、大河原に指示を出している隙に、鎌田はえなにパンツを取られてしまいます。

さらに、えなは絢美に鉢巻を渡して、ブラの代わりにさせました。

 

えなが次にターゲットにしたのは原田です。

彼女は原田のパンツを奪おうとしますが、彼のイチモツが引っかかって取れません。

そこにちかが加勢し、原田の水着を切り取りました。

すると原田のイチモツが露になり、ちかは固まってしまいます。

 

ちかは原田のイチモツが目に入らないよう、自分の水着で目隠しをしました。

そうなると胸が出てしまうので、両手で隠すことにします。

ただし、それでは目だけでなく、両手も塞がれたカタチになってしまいました。

 

一方、えなは康介に攻撃を仕掛けようとしますが、鎌田による妨害を受けます。

それは、彼が絢美を人質にしているからで、えなは動きが止められてしまいました。

すると、美穂が自ら名乗りを上げて、服を脱ぎ始めます。

 

そんな彼女に対して、鎌田がセクシーに脱げとはやし立てました。

それから彼は、えなも脱がそうと迫ります。

その様子を見ていた康介は、鎌田のあくどいやり方に疑問を抱きました。

 

そして康介は、絢美を助けようとします。

絢美は助け出される際に、足をくじいてしまいました。

原田は彼女に近寄り、足の手当てをしてあげます。

 

彼は警察官でもあり、卓球の選手でもありました。

その為、怪我の対応には慣れており、素早く絢美の足に包帯を巻きます。

絢美は原田の親切心に心を動かされ、自分の身の上話を始めました。

 

彼女は元々アイドルをしていましたが、熱烈なファンに襲われて心身共に傷を負っていました。

それ以来、絢美は男性が苦手になり、側にいるだけで恐怖を感じていたと言います。

それが原田のお陰で、少し和らいだわけです。

 

そんな二人は、いつの間にかお互いを意識し始めていました。

それを康介は隠れて見守っていましたが、突然、鎌田が現れて絢美を突き飛ばすのでした。

 

【デスラバ】6巻(最新刊)をほぼ無料で読む方法

⇒【デスラバ】6巻(最新刊)をほぼ無料で読む

タイトルとURLをコピーしました